受信サービス株式会社

ホームページのリニューアルに伴い、以前のコンテンツをこちらに掲載します。

TOP > 管理組合様・管理会社様 >「4K・8Kテレビ」で東京オリンピックを楽しもう!

「4K・8Kテレビ」で東京オリンピックを楽しもう!

これからのテレビ「4K・8K」

 2020(平成32)年に開催される「東京オリンピック」に放送するよう技術開発などの準備が着々と進んでいます。

・2K(ニーケーと読みます)横1,920×縦1,080ドット≒200万画素
・4K(ヨンケーと読みます)横3,840×縦2,160ドット≒800万画素、2Kの4倍
・8K(ハチケーと読みます)横7,680×縦4,320ドット≒3,200万画素、2Kの16倍

 画質は、以前のアナログ放送(2011年7月終了)の画質(525本)がハイビジョン放送に変わった時の感動の足下にも及ばない綺麗さです。簡単に表現すると画面が「立体的」に「写真のように」見えるほどのきめ細かさです。

   図-1               図-2
2K・4K・8K画面の比較図       2K・4K画面の比較図
  • 同じ画面サイズで見る場合は、2K→4K→8Kの順にドットの密度が濃くなり、より細かな映像を鮮明に見ることができます。(図-1)
  • 大きな画面(例えば60インチ等)で見る場合は、2K→4K→8Kの順に鮮明に見ることができます。(図-2)

(参考)8Kの呼称
 8Kの呼称は、国際的には、ITU-R(国際電気通信連合)で、次のように決められています。
  800万画素(横3,840×縦2,160ドット)を4K UHDTV(or 4K UHD)
 3,200万画素(横7,680×縦4,320ドット)を8K UHDTV(or 8K UHD)
(超高精細映像 8K)

 また、「スーパーハイビジョン」はNHKで付けた8Kの愛称です。

4K・8Kのロードマップ

 4K・8K普及のロードマップは、総務省の「放送サービスの高度化に関する検討会」で検討されています。平成27年7月に「4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合第二次中間報告」が出され、方向性が示されています。

4K・8Kのロードマップ4K・8Kのロードマップ2

→ 第二次中間報告 概要(PDFファイル)
総務省「4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合 第二次中間報告」

(出典:総務省「4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合 第二次中間報告」)

弊社での4K・8K化対応について

 皆様方のマンション等ではBSだけでなく、110度CS放送は既に伝送されているでしょうか。弊社では、4K・8K電波が通せるかどうかを調べる、同軸ケーブルの可否判定調査を「ケーブル伝送テスト」と呼び、実施しております。

 次のようなマンション等の場合は、是非、弊社にご相談ください。
  • 4K・8Kの導入を検討しているが、ケーブル伝送テストを実施していない施設
  • 東京オリンピックに向けて、既存設備を4K・8K対応に改良したい場合
  • 過去に弊社でケーブル伝送テスト終了して改善案をご提案後、改善に至っていない施設
  • CSブロックコンバーターをご使用の施設の場合(改良が必要となります。)
  •  弊社では、これまでに行ったケーブル伝送テスト(約3,000サンプル以上)を元に、同軸ケーブルの製造年月日・製造メーカーなどを基本として、マンションの4K・8K化の簡易判定調査を実施しております。

    簡易判定調査の結果、状況によってケーブル伝送テストを実施するかどうかを判断いたします。

  • ケーブル伝送テストイメージ

    ケーブル伝送テストイメージ

デジタル伝送テスト 同軸ケーブルの特性調査

4K放送、目指すは “8K” ~貴マンションの同軸ケーブルは大丈夫!?~

マンションで4K・8Kを受信するには?

※管理組合様・管理会社様は、テレビ配線の竣工図面などをご送付頂ければお見積致します。(調査は関東近県としますが、旅費・交通費などの費用をご負担頂ければ、国内どこでも伺います。)

 お問い合わせはこちらよりお願いします。 お問い合わせ

≪≪ 一覧に戻る

ページのトップへ戻る