受信サービス株式会社

ホームページのリニューアルに伴い、以前のコンテンツをこちらに掲載します。

TOP > 管理組合様・管理会社様 > 既存の集合住宅への「4K」や「8K」の導入について > 第一回 4K放送、4K受信機への道程!

既存の集合住宅への「4K」や「8K」の導入について

第一回 4K放送、4K受信機への道程!

 今、巷では「4K」放送が大きな話題になっています。
 詳しくは、当社ホームページ 4K・8K放送 丸わかりガイド 集合住宅向け をご覧頂きたいのですが、ここでは既存の集合住宅への「4K」や「8K」の導入にしぼって解説しましょう。

 ここで、ご説明したいのは、何故、今、こんなに「4K」が話題になっているのでしょうか。それは、市販されている「4K対応受信機」2K放送(現在のハイビジョン放送)で放送されている番組を、4Kに変換して見ることができる機能を内蔵しているテレビが多くあるからです。(新たな4K番組のみの対応ではありません)

 しかし、世の中はドンドン進んでいて、CSのスカパー!プレミアムサービスでは既に4K専用チャンネルで4K番組が放送されています。 2018年中にはBSの17チャンネル(BS-17)とBSの7チャンネル(BS-7)で実用放送が開始される予定です。(詳しくは、4K・8Kの導入 をご覧ください。)

 このような状況で、放送は2K(ハイビジョン)から4Kへ、そしてさらに高解像度の8Kへと進化しています。東京オリンピックも後押しとなって、2020年までには全て実現するでしょう

 さて、このような放送の電波は、従来の電波の幅(周波数帯)では不足しますので、新たな電波を使うことになります。

 この時、集合住宅で問題となるのは、受信アンテナを始めとして、増幅器などの機器および壁内に配線されている同軸ケーブルの特性が新たな電波に対応しているか否かです。
 特に、ブロックコンバータを使用している施設では、これを取り除いた共同受信システムへの改修が必須になります。

 何故、改修が必要かは追々説明していきますが、改修時に最も手こずり、手間が掛かるのが「壁内に配線された同軸ケーブル」の取り扱いです。

 受信アンテナや増幅器、分岐・分配器等は、作業員の手の届く位置に設置してありますので交換は容易ですが、「壁内に配線された同軸ケーブル」は交換に大変な困難を伴い、また経費も膨大となります。交換できない場合もあります。

 このため、当社では創立以前の1965年から、事前に「ケーブル伝送テスト」を実施して、むやみに同軸ケーブルを交換しなくとも良い見積や工事方法を提案して、お客様に喜ばれています。

 次回は「第二回 集合住宅での共同受信の必要性」についてお話します。

≪≪ 一覧に戻る

ページのトップへ戻る