受信サービス株式会社

ホームページのリニューアルに伴い、以前のコンテンツをこちらに掲載します。

TOP > 受信障害 > 60MHz帯 防災無線の受信障害調査

60MHz帯 防災無線の受信障害調査

 防災無線は非常時のお知らせや、その地域の生活情報などの身近な情報を伝える、地域に無くてはならない情報源です。

 受信障害の原因としては、電気製品のトラブルや、街灯その他大容量の電気をコントロールするスイッチング素子や、波形に含まれる高調波成分などによる障害も、微弱な防災無線受信設備に障害を与える事もあるようです。

 弊社では、このような重要な無線による伝達をより確実に知らせる事が出来るよう、防災無線の受信不良、妨害電波調査を実施しております。

  防災無線受信基地              街灯(高輝度HIDランプ)

防災無線の受信障害調査例

○当該周辺地区において次の2種の調査を実施しました。

A調査
  • 測定車に防災無線用3素子アンテナを搭載し、約4mから10mの高さで防災無線60MHz帯の受信レベルと妨害電波のレベルの大きさ、防災無線電波が入感した場合の良好受信の可能性を測定しました。
  • ドイツ ローデ・シュワルツ製測定器「ETH」及び、「PR100」のリアルタイムスペアナとウォーターフォールを60MHz帯専用アンテナとR&S 専用ANT 20MHz~200MHzを用いて路地裏などで測定しました。
B調査(精密調査)
  • ドイツ ローデ・シュワルツ製高感度レシーバー「PR100」を使用し、雑音電波の1地点で4方向の電波到来方向の観測と、リアルタイムスペアナとウォーターフォール波形による妨害発生源の最大値を読み取り、妨害発生源の絞込み調査を15地点で行いました。(電界強度測定、GPS位置情報収集)

 測定器は、バッテリー式の可搬型であるため、測定車の入れない地点にも徒歩で移動できます。

 特に主な地点(事前に情報のあった地点)では、受信アンテナを道路に平行方向、時計方向に90度毎に4方向に向けて、雑音レベルの大きさの把握と、最も大きいと判断された妨害電波方向での観測データを保存しました。
 その結果、事前に情報のあった「メガソーラー」からの雑音は認められませんでした。

スペアナによる妨害波形

 次に、雑音波を出来るだけ軽減できそうな地点をいくつか選び、A調査による地点探索を行いました。雑音の減衰傾向が少なく、60MHz帯受信局付近では、いずれの地点も雑音の軽減は不調に終わりました。

 最後に実施した、受信局付近から250~300m遠ざかる地点でようやく防災無線の実用受信が可能となることがわかりました。

60MHz帯防災無線 受信障害調査図

改善案

 改善案として下記の方法が考えられます。
  • アンテナの高さ、位置の変更(出来る限り高さを上げる。)
  • アンテナを3素子×2列のスタックアンテナで受信感度を上げる。

≪≪ 一覧に戻る

ページのトップへ戻る