受信サービス株式会社

ホームページのリニューアルに伴い、以前のコンテンツをこちらに掲載します。

TOP > 管理組合様・管理会社様 > マンションで110度CSを見るには

マンションで110度CSを見るには

 最近の液晶テレビは、地デジ、BS・110度CSデジタルのチューナーを標準で搭載しています。集合住宅のテレビ共同受信設備もテレビと同様に、地デジ、BS・110度CSを受信できる事が標準になっています。

CS受信方法

 現在、衛星をBSとCS(スカパー!プレミアムサービス)の両方を受信しているマンションは、CS放送の受信をやめる必要があります。そのため、110度CS(スカパー!)に移行するには改修工事が必要です。

CS放送共聴方式の種類

CSブロックコンバーターとは

 BSとCS(パーフェクTVサービスかスカイサービスのどちらか)を混合して、1本の同軸ケーブルに伝送できるようにする機器です。なぜ1本の同軸ケーブルに伝送するかというと、テレビ共同受信施設は、たいてい1系統の配線しかないからです。

CSブロックコンバーターの例

 アンテナメーカーから、それぞれブロックコンバーターを販売していました。どれも役割は同じですが、DXアンテナのみ拡張ブロックコンバーターも販売され、ブロックコンバーターと組み合わせる事により更にチャンネルを増やす事ができました。

CSブロックコンバーターの生産終了

 数年前からアンテナメーカーのCSブロックコンバーターは生産終了しており在庫がありません。もちろん、代替品もなくなりましたので故障したときに交換ができません。

CSブロックコンバーターのあるマンションの見極め方(1)

 簡単にブロックコンバーターがあるかを見極めるためには、BSアンテナとCSアンテナが屋上に合計2基以上あるかでわかります。但し、1つのアンテナで2つを同時受信する場合があるので注意が必要です。

【BSアンテナとCSアンテナの例】
BSアンテナとCSアンテナがあります。ほとんどがこのパターンです。
【BSアンテナとCSアンテナ2基の例】
館内のテレビ配線が2系統以上あるマンションです。BSアンテナが1基、CSアンテナが2基あり、それぞれBS、パーフェクTVサービス、スカイサービスを受信しています。

CSブロックコンバーターのあるマンションの見極め方(2)

【BSアンテナとCSアンテナ1基(パーフェクTVサービスとスカイサービスを同時受信)の例】
館内のテレビ配線が2系統以上あるマンションです。BSアンテナが1基、CSアンテナが1基(2衛星受信)あり、BSとCS(パーフェクTVサービスとスカイサービス)を受信しています。
【BS・CS(パーフェクTVサービス)を同時受信の例】
特殊な例として、BSとCSが1基で受信できるアンテナもあります。

BS拡張帯域が受信できる設備の確認方法(1)

BS拡張帯域が受信できる設備の確認方法(2)

BS拡張帯域が受信できる設備の確認方法(3)

ケーブル伝送テスト

BS・110度CSの電波は、地上波よりも高い周波数を利用します。
同軸ケーブルの対応周波数に注意が必要です。

現在、衛星をBSのみ受信しているマンションは、設備の更新が必要です。
また、同軸ケーブルの種類によってはケーブル伝送テストが必要です。

ケーブル伝送テスト 同軸ケーブルの特性調査

≪≪ 一覧に戻る

ページのトップへ戻る