受信サービス株式会社

ホームページのリニューアルに伴い、以前のコンテンツをこちらに掲載します。

TOP > 管理組合様・管理会社様 > ダビング10とは

ダビング10とは

2008年7月4日から、地デジ・BSデジタルで運用開始された、コンテンツの著作権保護を目的に始まったコピー制御の仕組みのことで、それまではムーブ(移動)のみ可能だった(コピーワンス)ため、移動中にトラブルがあると録画内容が消滅してしまうことがありました。

ダビング10は、9回までコピーが可能で10回目は移動(ハードディスクからの消去で元の番組は無くなる)で合計10枚のコピーが可能となりました。

チャンネル、番組によっては、ダビング10ではなく、コピーワンスです。
なお、コピーまたはムーブされたDVDからのコピーはできません。

※コピーワンス・・・2004年4月5日より開始された、録画したコンテンツは移動しかできないしくみ

≪≪ 一覧に戻る

ページのトップへ戻る