受信サービス株式会社

ホームページのリニューアルに伴い、以前のコンテンツをこちらに掲載します。

TOP > 受信障害 > 降雨時の情報確保のために ~ゲリラ豪雨、時期外れの集中豪雨~

降雨時の情報確保のために ~ゲリラ豪雨、時期外れの集中豪雨~

最近は異常な雨が多い

 昨年は「ゲリラ豪雨」、今年は「時期外れの集中豪雨」と最近雨が極端に多くなっていると感じませんか。

雨とテレビ

 雨が長い時間降り続くと、テレビのアンテナ設備にも影響が出てきます。「どうして!」と思いますよね。

防水型ブースター

 実は、共同受信用に使用しているブースターは防水型ではなく、専用のボックスに収納して使用するのが一般的です。 (個別受信の一般家庭では、ブースターは一台しか使用しませんので、家庭用の防水型ブースターを使用しますが、共同受信では大規模世帯用や複数台のブースターさらに分配器等を多数使用します。)

浸水しブースターが故障

 この専用ボックスには、屋上の受信アンテナから信号を導くケーブルを通すための配管が通っています。昨年・今年は、この配管を雨が伝って専用ボックス内に浸水するケースを数多く経験しました。

  • 専用ボックスへの浸水によりブースター等機器が壊れ、高価なブースターを交換しなければなりません。
  • さらに、漏電ブレーカーが働いてマンション内全ての部屋でテレビが見えない異常事態となったこともあります。(もし、漏電ブレーカーが動作しなかったら大変な事故に発展するところでした。)
屋上からの配管部の浸水(専用ボックス上部   配管を伝った雨滴がブースターに浸水  
浸水したブースター内部(電気分解で白くなっている) 長年続いた浸水で腐食したボックス(下部)

対策方法は?

 テレビからの集中豪雨等の情報は、生命の危険に係わる大切な情報です。
専用ボックスが塔屋の壁面等の雨にさらされる場所に設置されている場合には、特に注意が必要です。

  • 屋上のアンテナ付近より同軸ケーブルの配線を伝ってブースターに浸水します。
    この対策として弊社では、設置するブースターに、弊社独自の「漏水保護カバー(レインガード)」を付加しています。

対策は受信サービスにお任せください

 「転ばぬ先の杖」でもありませんが、雨が浸水しそうな専用ボックスは専門家がチェックすれば直ぐにわかります。
 弊社では、このようなチェックを含む施設点検やマンションの受信相談を実施しております。心のある対応を心がけています。ぜひご相談ください。

こちら「テレビ受信相談所」を貴マンションで開催しませんか?

 緊急修理は当日中にお伺いし復旧いたします。
対応可能エリアは、東京・神奈川・千葉・埼玉の全域、その他地域は要相談。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらよりお願いします。 お問い合わせ

≪≪ 一覧に戻る

ページのトップへ戻る