受信サービス株式会社

ホームページのリニューアルに伴い、以前のコンテンツをこちらに掲載します。

TOP > 技術相談・障害事例 > 海外メーカー製テレビの受信性能試験

海外メーカー製テレビの受信性能試験

 受信サービスでは、テレビジョン受信機の受信性能評価試験を行っています。この度、海外メーカー製のデジタルテレビの性能試験をする機会がありました。

 これは、ARIB(電波産業会)が定めるテレビ受信機の要求性能をクリアしているか、また、要求性能に対してどのくらい余裕があるかを測定評価するもので、デジタル放送信号発生器、ノイズ発生器、デジタル放送アナライザなどを使って精密に行います。

地デジテレビの測定結果

 デジタル放送では、視聴者の壁面端子での「受信レベル」と「信号の質」が決められていますので、これに注目して測定を行いました。
測定対象は、日本市場向けの海外メーカー製テレビ2台と、国内メーカー製テレビ1台です。

○ 受信C/N範囲
  受信信号にノイズを付加して受信可能なC/N (信号とノイズの比)の範囲を測定します。
  この値はデジタル放送の変調方式(64QAM)の理論値で20.1dB以上となっています。
モデルA(海外メーカー) モデルB(海外メーカー) モデルC(国内メーカー)
C/N[dB] 画質評価 C/N[dB] 画質評価 C/N[dB] 画質評価
20.1dB(64QAM 理論値)
17.3
(入力70.9dBu)
B 17.3
(入力70.9dBu)
B 16.5
(入力71.0dBu)
B
  記号: G=Good、B=Block Noise、F=Freez
○ 受信レベル範囲
  どれだけ強い信号まで正常に受信できるか、どれだけ弱い信号まで正常に受信できるかを測定します。
  ARIB(電波産業会)で決められた最大入力レベルは89dBµ、最小入力レベルは34dBµとなっています。
モデルA(海外メーカー) モデルB(海外メーカー) モデルC(国内メーカー)
レベル[dBµ] 画質評価 レベル[dBµ] 画質評価 レベル[dBµ] 画質評価
104.2 B 112 G 112以上 G
最大入力レベル 89dBµ(ARIB)
29.3 B 31.8 B 29.2 B
最小入力レベル 34dBµ(ARIB)
26.9 B 27.1 B 24.6 B
  記号: G=Good、B=Block Noise、F=Freez

海外メーカー製テレビの評価

 国内メーカー製テレビと比較して、海外メーカー製テレビもかなり良い受信性能であり、ARIBの要求性能は十分余裕をもってクリアしています。(当社数回の製品検査結果より)

 最近は日本メーカーも海外メーカーも使用部品の差が無くなってきているため、もはや海外メーカー製のテレビは性能が悪いとは言えない時代になってきているように思います。

これからの新しいテレビ

 4K対応の新機種が続々と発売されています。2020年に向けて、8Kスーパーハイビジョンなど高機能化の技術開発を期待して、国内メーカーは競争に負けない製品を開発して頂きたいと思います。

弊社では地デジテレビの受信性能評価試験を行っています

 弊社はテレビの受信性能評価に必要な測定機器を常に準備しておりますので、テレビ受信機やテレビチューナーの性能評価のご希望があれば、ぜひご相談ください。(有料調査)

お問い合わせはこちらよりお願いします。 お問い合わせ

≪≪ 一覧に戻る

ページのトップへ戻る