受信サービス株式会社

ホームページのリニューアルに伴い、以前のコンテンツをこちらに掲載します。

TOP > 受信障害 > 雪によって地デジ・BS・CSが映らない

雪によって地デジ・BS・CSが映らない

 雪による受信障害は、アンテナに雪が積もる事によって、ブロックノイズや受信レベルが低下して映らなくなります。ベタ雪は映らなくなる事があります。(北海道などのサラサラした雪は受信不良になりにくい。)

地デジアンテナ

 対策としては雪が溶けるのを待つか、危なくなければホウキなどを利用して払い落とす。
但しくれぐれも安全に注意し怪我のないようお願いします。
雪国では軒下にアンテナを設置したり、平面アンテナを利用する事もあります。

センターフィード型アンテナ         オフセット型アンテナ 
(雪が積もりやすくこれだと映らない)      (この程度の着雪なら映る)   
  雪国の平面アンテナ設置例       軒下設置例(地デジ・BSアンテナ) 

 受信レベルが低いところや受信状態が悪いところでは障害が目立ちます。ケーブルテレビ局の受信点は、融雪装置ヒーター付きパラボラアンテナを使用したりするので雪による障害は少ない。(但し豪雨は映らない事がある。)

 パラボラアンテナの雪対策としては、撥水塗料(HIREC-S ハイレック-エスなど)を塗りアンテナの着雪を防止するなどがあります。

≪≪ 一覧に戻る

ページのトップへ戻る